広川町の魅力

伝統工芸品の技にふれる

久留米絣

糸の段階から染められ、模様が入った糸で柄を合わせながら織られる綿織物です。完成までに30もの工程があり、一反(長さ12m)を織り上げるまでに2~3か月がかかります。

画像:機械で糸を織っているところ。

八女すだれ

八女地域の天然竹を使用し、手作業で竹ひごを揃えて編み上げられる室内装飾用すだれです。

画像:竹ひごを手作業で作業している様子。

広川町をめぐる

1日ツアーの例

画像:8:30 福岡市発、バスのイラストがある。*時間は変更になる場合があります。

【伝統工芸品の匠】 八女すだれ織元訪問

大正元年(1912年)創業。内装用間仕切りや窓、天井装飾等に用いられるすだれを製造する織元を訪れます。観光列車(西鉄ザレールキッチンチクゴ)の天井材の提供や、隈研吾氏の採用を受け、海外にも輸出するなど確かな技術と品質が評価されている織元の伝統の技に迫ります。

写真:製造する織元を見学し、実際に触ってみたりしている様子。

【広川町の見どころ】 ガーベラ

広川町は、西日本一の出荷量を誇るガーベラの一大生産地。ピンク、黄色、赤、オレンジ、白・・少しずつ色と形が異なる多種多様なガーベラが全国へ出荷されています。ガーベラ生産者を訪れ、なかなか見る機会のない、色とりどりのガーベラからお気に入りを見つけてみましょう。

写真:ガーベラの花束と農園、マスカット。

【伝統工芸品の匠】 久留米絣織元訪問

天然染料の「藍」で糸を染め、「手織り」で織られた久留米絣は、柔らかな手触り・細かな模様が特徴の生地に仕上がります。工房を訪れ、職人の話に耳を傾けながら、糸が藍色に染まる瞬間を間近で見てみましょう。藍染体験や織り体験を通じ、伝統の技を体感できる織元もあります。

画像:工房を訪れ、実際に藍染体験をしている様子

【伝統工芸品の匠】 久留米絣織元訪問

「化学染料」で染められ、「機械織り」で久留米絣を制作する織元も訪れてみましょう。賑やかな音が響く工場内で、多彩な色・多様な柄の久留米絣が次々と織り上げられる光景は、見ごたえがあります。大切にメンテナンスをされ、長年活躍する年代物の織機にもご注目ください。

画像、「機械織り」で久留米絣を制作する織元も訪れて、実際にお話を聞いたり、体験もしている。

【広川町の見どころ】 フルーツ

広川町は、一年を通じ、いちご、桃、ぶどう、りんご、柿と様々な果物が実るくだものの里でもあります。季節ごとに楽しめるくだもの狩り、新鮮なくだものを使ったスイーツをお楽しみください。

画像:いちごを収穫してる様子や、デザートに盛り付けられたフルーツの様子

【広川町の見どころ】 ひろかわ藍彩市場

広川町にある11の久留米絣の織元の商品が一堂にそろうお買い物スポット。ツアーでの匠の話を思い出しながらひとつひとつ眺めてみると、柄の違い、肌触りの違いに、より一層興味がわきます。織元の特徴などをよく知るスタッフに織元ごとの特徴を聞きながら、お気に入りの一品を見つけてみましょう。

画像:店頭に織元の商品が並んでいる様子

SPECIAL MOVIE

「久留米絣」「八女すだれ」の制作工程や、過去に実施したツアーの様子をご覧ください。

PHOTO GALLERY

見学や体験について

お問合せ

上記行程に沿ったモニターバスツアーを2021年冬に開催予定です。
参加ご希望の方は、お問合せください。
定員になり次第、受付を終了いたします。
日程
2021/1/29(金)
時間
8:30集合 18:30解散(予定)
集合・解散場所
福岡市中央区天神「西鉄福岡(天神)駅周辺」
定員
6名
料金
10,000円(税込)
主催
広川町観光協会
広川町観光協会では、久留米絣着付け体験や、八女すだれ・久留米絣織元の見学、フルーツやガーベラに関するお問い合わせを受け付けています。お気軽にお問合せください。
広川町観光協会
Tel:0943-32-5555
Fax:0943-32-5556
Instagramもぜひご覧ください
@hirokawa_kankou

感染症の予防対策について

取り組みとお願い

  • 画像:地域事業者が取り組んでいること、手指の消毒、マスク着用の実施、身体的距離の確保
  • 画像:ツアーに参加いただくお客様へのお願い。新型コロナウイルス感染防止策として、ツアーに参加するお客様へのお願いがあります。詳しくはPDFをご確認ください。